釣りファミへようこそ

2019年10月6日

釣りファミへようこそ

釣りファミへようこそ

子どもと一緒に家族で楽しめる釣り情報『釣りファミ』へアクセスいただきありがとうございます。

釣りファミでは、釣り好きの方にはもちろんですが、釣り初心者やこれから釣りを始めたい方、そして何よりご家族(ファミリー)で釣りを楽しみたい方に向けて、京都・大阪・神戸など関西を中心に家族で楽しく安全に楽しめる釣り場情報や、釣りの楽しみ方、関連情報などなどを発信していきます。

 

釣りファミへようこそ

家族ができ、子どもたちと一緒に見よう見真似で釣りを始めました。

海辺でキャンプを張ったとき「釣った魚を食べたい!」。

そんな思いがきっかけで、「釣った魚しか食べない!」なんてルールを決めながら子どもたちと一緒に必死で釣りをしていました。

当時は浜辺の砂地に向かってキスをたくさん釣って焼いて食べていました。

そんなある日、岩場からサビキをするとひと際大きく、重く、グイグイ抵抗するヒキの強い魚が釣れました。

アコウでした。

見たこともないし、全身が赤々しく斑点もあり、ただただ怪しく毒魚が釣れたと騒いだものの、怖いもの見たさでBBQで焼いて食べてみると

フッワフワの身…。

なんじゃこりゃ…。めっちゃうまいやん!!!

これが海釣りにのめり込むスイッチでした。この日以降、私たち家族がアコウを追いかける日が始まりました。

 

釣りファミへようこそ

日本海を中心に色々な釣り場をまわり、ようやく辿り着いたのが舟屋で有名な京都・伊根。

足元からどん深の水深、なのに澄んだ水質。

サビキでも胴付きでもアコウが釣れる、釣れる…。この頃から伊根を中心に海釣りの機会が増えていくこととなりました。

 

釣りファミへようこそ

一方キャンプでは、子どもたちが朝早くから起き、釣りの仕掛けを自分で用意し、エサをつけ海にキャストしてはキスを釣り、包丁を持ってひとりでうろこをとり、下処理し、BBQコンロの炭に火をおこし、一人で焼いて食べる…。エサがなくなれば岩場の貝をもぎ取り、石で割り、身を取り出しエサにして釣る。

たくましく成長していきました。

子どもたちは釣りや魚に興味を持ち、自分で調べ、仕掛けを作り、釣れた魚を捌き、料理する。

私達家族は、キャンプでの海釣りを通じてコミュニケーションが増え、そして日常では味わえない、そして学校では教えてくれないアクティブな経験を共有しながら、親も子も成長させてくれました。

家族の絆を深める。

釣りにはそんな魅力を秘めていると思います。

 

釣りファミへようこそ

これから釣りを始めようと思っている方や、小さな子どもをもつご家族の方は安全面や環境面で、何からはじめてよいやら…、どこにいけばよいやら…、安全かな?と、わからないことがたくさんあるのではないでしょうか。

釣りファミではそんな釣り好きになる入口に立っている方や、釣りを楽しみたいご家族の背中をそっと押してあげるような、そんなお役に立てるサイトを目指して、

家族(ファミリー)で楽しむ釣り情報

を発信していこうと思います。