浜坂漁港・白灯台(兵庫・浜坂)の釣り場情報

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

浜坂漁港・白灯台(兵庫・浜坂)
家族釣りオススメ度 ★★★★☆

長い・・・、長すぎる。波止が長すぎる。。。私史上、最も長い波止です。だけど、ポテンシャルが高い釣り場・・・。

さて、気を取り直して。

浜坂漁港・白灯台は子どもと一緒に家族で釣りをするのに『なかなかオススメ』の釣り場です。

4つ星の釣り場です。

★をひとつ落とした理由。それは長い長い長すぎる波止、とにかく長い。もし先端まで行くなら相当な距離です。また波止の外側、外洋に面したエリアは、堤防の高さもあり、子どもには少々危ないかもしれません。

ちなみに内側であれば安心して釣りができる釣り場で、子どもたちでも十分楽しめます。

それでも、釣り場としては超一級レベルの釣り場です。オトナの方でしたら5つ星です!

さて「白灯台」と称しておりますが、浜坂漁港はめちゃくちゃ広い漁港で、大きく4つのエリアから構成されていまして(私が勝手に分けただけですが…)、それぞれのエリア別に紹介させていただきます。

その4つのエリアの中でも、この白灯台エリアは、とにかく波止が長いです。その分、釣り場はいたるところにあり、内にも外にも竿をだせる、超一級クラスの釣り場です。小さな子ども、というより中学生や高校生の子どもとなら・・・という印象の釣り場です。

白灯台エリアは、浜坂漁港の内湾では、サビキやちょい投げ、ライトショアジギングなどで根魚など、小型~中型の魚釣りを楽しめます。外は外洋に面していますので、ショアジギングで、一発大物を期待できますよ。

浜坂漁港・白灯台(兵庫・浜坂)とは

浜坂漁港は松葉ガニやホタルイカの水揚げ量が日本一なことで有名です。

非常に大きな漁港で主に、4つの釣りエリアから構成されています。(私が勝手に分けたエリアですww)

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港

出展:海上保安庁ホームページ

ちょっと説明しにくいのですが、上の写真を参考に説明しますと

赤灯台エリア

写真右の山から左側にすーっと伸びた波止です。ここは外洋に面しているので、ショアジギングで大物を狙えます。一方、内海では魚影も濃く、サビキや胴付きで楽しめますので子どもたちにも人気!

赤灯台エリアの詳細はこちら

常夜灯エリア

赤灯台の上にある、四角く整地されたエリアです。左上に少し突き出た堤があり、そこに常夜灯があります。

広いスペースを有しており、駐車場も広く、そして何よりも車を横付けして釣りを楽しめるので、ファミリーに大人気の釣り場です。

常夜灯エリアの詳細はこちら

漁協前エリア

常夜灯エリアの左上にある建物のエリアです。ここも車の横付けができますので、ファミリーフィッシングに大人気の釣り場です。

漁協前エリアの詳細はこちら

白灯台エリア

漁協前エリアの左上で、写真左のある海水浴場との境目から、長く伸び、途中で二手に曲がっている波止です。赤灯台に向かって伸びる波止の先端に白灯台があります。こちらも外洋と内海に面しており、オトナも子どもも楽しめる釣り場です。

今回はこのエリアを紹介します。

 

以上、4つのエリアそれぞれに特徴があり、様々な魚を狙うことができま、ファミリーでも楽しめますし、初心者、上級者まで釣りが楽しめるスポットです。

浜坂漁港の周辺にはキャンプ場や海水浴場、おいしい海産物を味わえたり、お土産を楽しめる商店もありますので、釣りだけでなくキャンプや海水浴などのアウトドアも観光・食事も楽しめるので、子どもと一緒にファミリーフィッシングを楽しむのにオススメです。

浜坂漁港・白灯台(兵庫・浜坂)のおすすめ度

ロックフィッシュ(根魚釣り) ★★★★★
ショアジギング(青物釣り) ★★★★★
その他 ★★★★★
ファミリー向け ★★★★☆

浜坂漁港・白灯台(兵庫・浜坂)の設備・周辺情報

・トイレあり
・駐車スペースあり
・自動販売機あり
・近くに観光施設、コンビニもあります

インデックス

01.浜坂漁港・白灯台の釣りポイント
02.浜坂漁港・白灯台で狙える魚種と釣り方
03.浜坂漁港・白灯台の設備
04.浜坂漁港・白灯台へのアクセス
05.浜坂漁港・白灯台周辺の釣りスポット
06.おわりに

01.浜坂漁港・白灯台の釣りポイント

恐ろしく長い波止です。とにかく長い。。。波止の先端に白灯台があります。遥かかなたの向こうですが、波止の付け根から順番に紹介します。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

ここは駐車場すぐの堤防です。ここは長い波止の付け根の横。ここでもサビキ釣りはできますよ。駐車場すぐ、かつ自動販売機もトイレもあるので、隠れた人気スポットです。アジやベラ、カワハギなどが釣れます。

ここから反対を覗くと

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

遊覧船の船着き場です。この奥が波止の付け根です。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

ここが長い長い波止のスタート地点。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

この付け根から白灯台エリア全体を見渡しました。広すぎますね。先端まで行くのは、体力が必要です。夏場は勇気も必要です。小さな子どもとご一緒の方は、子どもの体力も相談して向かってください。波止自体は足場もしっかりしていて、スペースも広いですので、安心です。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

波止の護岸から反対側を覗くと、海水浴場になっています。

ここは浜坂県民サンビーチという海水浴場です。

夏場は白く広い砂浜に、大勢の家族で賑わいを見せます。ということで夏場は竿をだせませんが、海水浴シーズン以外でしたら、キスやマゴチ、ヒラメなどサーフフィッシングを楽しめます。

また、この浜坂県民サンビーチの道路を挟んだ反対側には浜坂県民サンビーチキャンプ場という施設があります。夏場はキャンプと海水浴を楽しむ家族づれが多数押し寄せる大人気スポットです。

浜坂県民サンビーチ・キャンプ場の詳細はこちら

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

第1コーナーに到着するまでにもちょっとだけストラクチャがあります。

このあたりは水深も低く、砂浜の上にテトラが堆積しているだけですので、大きな期待はできませんが、このあたりはボラが泳いでおり、このストラクチャで、かつてはタコやギンポが釣れました。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

第1コーナーを迎えるまでの外洋側です。海水浴場側も砂浜が途切れ徐々に深さを増していきます。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

第1コーナーまでたどり着きました。付け根を見渡しました。ここまででも相当遠いことがおわかりいただけると思います。

この波止と護岸を挟んで、釣り場と海水浴場というまったく異なる2つの機能を備えています。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

ここが第1コーナーです。

さて、ここで大事なポイント。この第1コーナー、ほぼ直角に曲がっているのですが、実はこのまま真っすぐに突き抜けていける場所があります。

それが「黄色灯台」。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

見えますか。真っすぐのテトラで埋め尽くされた通路の遥か先に黄色い灯台が見えます。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

実はこんな感じでテトラが堆積された通路の向こうにまた波止がみえます。その先端にあるのが黄色灯台。

おそらく、この黄色灯台は、超絶釣りポイントと思われます。

ただし、超絶危険ポイントでもあります。

今のところ、足を踏み入れたことはありません。小さな子どもとご一緒の場合でしたら、まず足を踏み入れることはないと思いますし、絶対に行かないでください。危ないです。

オトナだけでも危ないと思います。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

さて、気を取り直して第1コーナーから波止の先端、白灯台を眺めました・・・が、遠い。先端が見えない、それくらい遠いです。この時点で、先端に向かうのをあきらめる方もでてくると思います。それくらい遠いです。

この護岸の内側の低い方の堤防は足場もよく、足元のスペースも非常に広いので、テントを張って休憩しながら釣りをしているご家族もいらっしゃいます。

画面左、内海を挟んで見える施設は漁協です。浜坂漁港の別の釣り場、漁協前エリアになります。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

おっ、ようやく白灯台が見えてきました。それでもまだまだ白く長い棒のように見えます。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

これはゴール手前の突堤にある細い白灯台。ここも階段で降りられます。漁協前エリアの突堤と対になっています。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

ここで、ようやく白灯台に到着。ここに着く頃にはもうヘトヘトです。海を挟んで見える堤防は、赤灯台エリアです。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

先端から第1コーナーを振り返る。もう全然先が見えません。帰るのがイヤになります。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

先端付近からの白灯台エリアの全景。ため息がでるくらい、遠い。。。

 

どうでしたか、白灯台。ご説明の通り、とにかく長いんです。

日中の日差しが強い時間は極力避けてもらったほうがよいと思います。風が弱く、朝や夕方など、比較的過ごしやすい涼しい時間を選び、またご自身の体力とも相談して、白灯台に向かってください。

この白灯台エリアは、竿を出せる箇所はいくらでもあります。内側でしたら、子どもたちでもサビキを楽しめ、何匹でも魚が釣れると思います。思いがけずに高級魚のアコウや、青物のツバスなどもサビキにかかることもあるくらい、魅力的な釣り場です。

一方、外は外洋に面しています。ここはお父さんの出番。オトナやベテラン釣り師の方は、外向きに大型の青物やヒラメなど、ご馳走候補となる美味い魚を狙うことができます。

この猛烈な距離感さえなければ、超超超一級釣り場です。もしくは体力に自信のある方にはピッタリです!

02.浜坂漁港・白灯台で狙える魚種と釣り方

狙える魚種

根魚

アコウ、ガシラ、メバル

青物

アジ、イワシ、ツバス、ハマチ、メジロ、ヒラマサ

その他

チヌ、スズキ、カレイ、ヒラメ、クロダイ、イカ、タコ、キス、マゴチ、カワハギ、ベラ、アナハゼ、エソ、オコゼ、チャリコ・・・など狙える魚種も豊富です。

漁協前エリアは、浜坂漁港内でも内側に位置しているため、小型~中型が狙える環境です。子どもと一緒にサビキで数釣りもできますので、ファミリーフィッシングに人気の釣り場として賑わっています。サビキでも高級魚のアコウや、回遊によってはツバスもかかってきます。

思いがけぬ大物に出会える楽しみもあります。

釣り方

ショアジギング

ハマチや、ツバスなどが釣れます。ショアジギング、ライトショアジギングなどでヒラマサなど大型青物も期待できます。底までジグを落とすと、アコウやガシラ、ヒラメなども狙えます。

サビキ釣り

アジやイワシが狙えます。釣果にはムラがあるが、群れがいれば数釣りが楽しめるのでファミリーフィッシングにもおすすめです。

投げサビキで大きなアジが釣れることもあります。尚、チャリコやベラやカワハギも大量にいます。

胴付き

水深の深さ、海底の石畳を狙いアコウやガシラなどの根魚を狙えます。

胴付き仕掛けは、堤防から足元に向かって仕掛けを落とす釣りになりますので、足場のよい堤防から子どもでも楽しめ、かつ高級魚を釣れる期待ももてますので、サビキ釣りに飽きた頃、一段階アップした釣りとして、子どもたちも楽しめるので、ファミリーフィッシングにオススメです。

のませ釣り

サビキで掛かったアジを餌にのませ釣りも楽しめます。ヒラメやスズキなど大物も期待できます

投げ釣り

シロギス、カレイが狙えます。こちらは浜坂漁港内の「白灯堤」エリアから狙うのがベストです。特に白灯台の堤防の東にあるサンビーチから狙うことをオススメします。

03.浜坂漁港・白灯台の設備

駐車場

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

このバスが映っているあたりです。スイマセン、しっかり写真に収めるのを忘れてしまいました。

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

ちょっと小さくてわかりにくですが、画面中央の遊覧船の船着き場の奥に、バスが見えますがこのあたりに駐車できます。

トイレ

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

この遊覧船きっぷ売り場の建物の向かって左側にあります。

自動販売機

同じくこの遊覧船切符売り場にありますし、周辺にも多数あります。

 

トイレはありますが、白灯台エリアが異様に長いですので、すぐトイレに行ける距離感とはいえないかもしれません。

この白灯台エリア周辺はには観光施設やお食事処もありますので、釣りだけなく、観光・食事まで楽しめます。

04.浜坂漁港・白灯台へのアクセス


電車ですとJR浜坂駅が最寄です。

但し、歩いて向かうにはなかなか遠い距離になりますため、車での釣行がオススメです。

05.浜坂漁港・白灯台周辺の釣りスポット

浜坂漁港・赤灯台

常夜灯エリアの目の前に見える波止です。

外洋に面しており、大型魚を狙える大人気釣り場です。内側にも竿を出せますので、こちらは子どもでも楽しめ、オトナも子どもも楽しめる釣り場です。

浜坂漁港・常夜灯

赤灯台エリアの目の前に見える四角く整地された釣りエリアです。

駐車スペースが広く、車を横付けして釣りができるファミリーに大人気の釣り場です。サビキを楽しめます。

浜坂漁港・漁協前

ファミリーフィッシングの大人気スポット。車の横付けが可能なので小さなな子どもと一緒に釣りをするのに最適です。足場もよく、釣り場も広く、いつも家族づれで賑わいをみせています。

06.おわりに

釣りファミ 釣り場情報 浜坂漁港 漁協前

今回は、広い浜坂漁港の「白灯台エリア」をご紹介いたしました。長い長い波止・・・が、デメリットのようにも思いますが、実は非常にメリットがあるんです。

釣り人が少なかったり(それでも人気ポイントなので多いですが)、釣り場がいくらでもあって宝箱を探すように、釣り場を探せること、内側だったらテントを張ってのんびり釣りをできること、外側でしたら、大物を期待できること、などなど。

距離の不安こそあれ、それを大きく上回る楽しさを味わえる釣り場です。ぜひとも、この白灯台エリアを制覇してみてください。

もし余裕があれば浜坂漁港の他の、赤灯台エリア常夜灯エリア漁協前エリアにも実際に足を運んでいただき、自分だけの釣りポイントを見つけ出してください。

浜坂漁港、楽しく釣りができ、美味しい魚の宝庫です!

 

twitterはこちら
instagramはこちら